50年代洋画のヒロインから盗む!クラシカルだけど今っぽいメイクをRMKのアーティストがレクチャー【Beauty Method】 | NewsCafe

50年代洋画のヒロインから盗む!クラシカルだけど今っぽいメイクをRMKのアーティストがレクチャー【Beauty Method】

芸能 ニュース

50年代洋画のヒロインから盗む!クラシカルだけど今っぽいメイクをRMKのアーティストがレクチャー【Beauty Method】
  • 50年代洋画のヒロインから盗む!クラシカルだけど今っぽいメイクをRMKのアーティストがレクチャー【Beauty Method】
  • 1、アイシャドウ
  • 1、アイシャドウ
  • 1、アイシャドウ
  • 1、アイシャドウ
  • 1、アイシャドウ
  • 1、アイシャドウ
  • 2、マスカラ
女性なら誰でも一度は憧れる、オードリー・ヘプバーンやグレース・ケリーのような凛としたクラシカルな雰囲気。でも、どんなメイクをすればいいかわからないという人も多いのでは?

そこで今回のテーマは、RMKの2016 A/W COLLECTIONを中心に使った“アーバンクラシカルメイク”。RMKのメイクアップアーティスト・塚本拓也さんにテクニックいらずのメイクアップ法をレクチャーしてもらった。50年代のモノクロフィルムから抜け出したようなヒロインメイクなら、きっと未知の自分に出会えるはず。

「アーバンクラシカルメイク」の作り方
1、アイシャドウ

深みのあるブラウン色の「クラシック フィルム アイズ 03 クラシックフィルム」をアイホールの高めの位置にポンポンと乗せる。まぶたを軽く上に引っ張りながら指で伸ばし、伸ばした指とは別の指でぼかすと簡単に立体感を演出。同シリーズの「クラシック フィルム アイズ 01 シルバースクリーン」を筆にとり、目のキワに塗る。キワに明るいシルバーを塗ることで、一気にクラシック感がUP。ウォーターベースのため最初に容器を振ってから使うと、より発色がキレイになる。
《高良空桜》

特集

page top