笑顔が増える多頭飼いのススメ | NewsCafe

笑顔が増える多頭飼いのススメ

ビックリ ニュース

笑顔が増える多頭飼いのススメ
多頭飼いをしてよかったこと
一緒に遊べること


遊びたい盛りの、片時もじっとしていない元気な子犬。
家に来たときから遊び相手がいるのは、恵まれた環境だと思いました。
ワンちゃんは、3歳くらいになるとだいぶ落ち着いてくるので、先住犬がそれくらいの年齢までに2人目を迎えるのが特におすすめです。


犬友達によると、老犬になってくると、子犬の事を鬱陶しいと思うワンちゃんと、子犬の影響で若返るのか元気になるワンちゃんにわかれるそう。
散歩中に他の犬とのやりとりを観察してみると、愛犬のタイプがわかると言っていました。
また、ドッグランなどで、フレンドリーに遊べたり、ヤキモチを妬かないマイページなタイプは、多頭飼いに向いているそうです。

先住犬も……運動量が増えた

以前はケージで丸くなっていることが多かったのに、子犬に誘われて一緒にじゃれ合うようになりました。
私だと付き合ってあげられないような、取っ組み合いや、走り回る遊びができてとても楽しそう。
《わんちゃんホンポ》

特集

page top