口の中が痒い! 花粉症の人は果物アレルギーに注意! | NewsCafe

口の中が痒い! 花粉症の人は果物アレルギーに注意!

ビックリ ニュース

口の中が痒い! 花粉症の人は果物アレルギーに注意!
パイナップルを食べた時に口の中が痛くなるのはフルーツ酵素によるものですが、桃やりんご、キウイ、サクランボなどのフルーツを食べて口の中が痒くなったり腫れたりするのは、果物アレルギーの可能性が高いのです。最近増えているという果物アレルギーについて調べてみました。

花粉症と関係あり?!果物アレルギーの人が激増中
果物アレルギーは花粉症の人がなりやすく、花粉症やアトピーの人が増加していることと比例して、果物アレルギーになってしまう人も増加しています。花粉症を引き起こす原因となるタンパク質(アレルゲン)、特にシラカバ花粉などに含まれるアレルゲンの構造が、フルーツや野菜、ナッツなどの植物性の食物に含まれるタンパク質の構造と共通しているため、摂取すると口腔内でアレルギー反応を起こしやすいそう。誘発しやすいフルーツには、りんご・キウイ・もも・メロン・サクランボ・マンゴー・グレープフルーツなどがあり、野菜はセロリ・にんじん・トマト・ナスなどの名前があがります。ちなみに食品ではありませんが、天然ゴムのラテックスも同様のアレルゲンと共通性があるとのこと。花粉症の人はゴム手袋にも注意が必要です。
《サプリ》

特集

page top