和食の知識・技をチームで競う、農水省「第1回子ども和食王選手権」 | NewsCafe

和食の知識・技をチームで競う、農水省「第1回子ども和食王選手権」

社会 ニュース

「第1回 全国子ども和食王選手権」参加メンバー大募集
  • 「第1回 全国子ども和食王選手権」参加メンバー大募集
  • 和食お絵かき部門 応募詳細や賞について
  • 和食王部門 応募詳細や賞について
  • 和食王部門
  • 全国子ども和食王選手権
 農林水産省は、全国の小学生を対象に「第1回 全国子ども和食王選手権」への参加を募集している。小学校1年生から3年生は和食や郷土料理に関する絵を、4年生から6年生はさらに絵のコメントもつけて応募する。

 「全国子ども和食王選手権」は、平成25年から平成27年に開催された「日本全国こども郷土料理サミット」の後継イベント。ユネスコ無形文化遺産に登録された日本の伝統的な食文化である「和食」や、ふるさとの「郷土料理」に対して、子どもたちの強い関心と理解を育むことを目的に開催する。全国大会の審査員は、料理家の村田吉弘氏やタレントの平野レミ、栄養士の松丸奨が務める。

 小学校1年生~3年生からは、家庭や地域の行事、祭りで和食や郷土料理を囲むようすや食べるようす、または料理そのものをテーマとした絵を募集する。全国8ブロックごとに金賞・銀賞・銅賞を選出し、東京で行われる全国大会にて各ブロックの金賞受賞者の表彰式を開催する。
《勝田綾》

特集

page top