【米国はこう見ている】監督待たずにマウンド降りた田中将大「不文律に触るのでは?」と地元紙 | NewsCafe

【米国はこう見ている】監督待たずにマウンド降りた田中将大「不文律に触るのでは?」と地元紙

スポーツ ニュース

ヤンキースのジョー・ジラルディ監督(左)と田中将大(右)【写真:Getty Imges】
■指揮官も田中も「悪気があったわけじゃない」と否定も…

 2日(日本時間3日)敵地でのメッツ戦に先発し、今季自己ワーストタイの7失点KOを喫したヤンキース田中将大投手。7回途中に1死一、三塁としたところで降板した右腕だが、この時の様子について、地元紙「ニューヨーク・ポスト」電子版が疑問を投げかけている。

 “サブウェイ・シリーズ”と呼ばれるNY対決に登板した田中は、メッツの豪球右腕デグロムと投げ合った。6回終了まで2本塁打されながらも、なんとか3失点で踏みとどまっていたが、7回に崩れた。先頭フローレスからの2連打で1失点すると、1死三塁からレイノルズの右前適時打で2失点目。続く投手デグロムにセンター前ヒットを許したところで、たまらずベンチからジラルディ監督が飛び出してきた。

 この試合は、交流戦でDH制のないナ・リーグ方式で行われていた。そこでジラルディ監督は、次の攻撃で回る打順を考えて、投手と野手を同時に交代させる“ダブルスイッチ”を敢行。だが、慣れていないため、球審への連絡手続きにやや時間を要した。すると、田中は自らマウンドを降りて三塁ベンチに向かって歩き始め、三塁線を越す直前にすれ違った指揮官にボールを手渡した。
《Full-count》

特集

page top