ソフトバンク、西武キラーの武田翔太が、8回2失点で今季11勝目 | NewsCafe

ソフトバンク、西武キラーの武田翔太が、8回2失点で今季11勝目

スポーツ ニュース

野球ボール イメージ
ソフトバンクは8月2日、西武プリンスドームで西武と対戦。先発の武田翔太投手が8回2失点の好投を見せ、6-2で勝利した。

ソフトバンクは3回表、今宮健太のソロ本塁打で幸先よく1点を先制。6回表には、1死満塁の好機を作ると、松田宣浩内野手の適時打が飛び出して2点を追加。続く好機に、中村晃外野手にも適時打が出て5-0とリードを広げた。投げては、これまで西武戦通算10勝0敗と相性の良さを見せる武田が、西武打線を森友哉外野手の2点本塁打のみに抑えた。

これを受けて、好投した武田を称賛する声のほか、2位の日本ハムがこの日の試合で敗れ、ゲーム差を4としたことに対するソフトバンクファンの喜びの声が寄せられていた。
《浜田哲男》

特集

page top