【山口和幸の茶輪記】女性ファンが多かった湾岸クリテリウム。夏祭りから成熟期へ | NewsCafe

【山口和幸の茶輪記】女性ファンが多かった湾岸クリテリウム。夏祭りから成熟期へ

社会 ニュース

湾岸クリテリウムでは往年の名選手を集めたレジェンドレースも開催された
  • 湾岸クリテリウムでは往年の名選手を集めたレジェンドレースも開催された
  • 若い選手層のカテゴリーが増えたことでさらに華やかになった
  • フジテレビの本間学さん。早稲田大自転車競技部出身だ
  • 安田大サーカスの団長安田も湾岸クリテリウムの常連参加者だ
都心部で開催される自転車イベントの中で最大級の「湾岸クリテリウム」が7月30、31日に東京都のお台場エリアで行われ、多くの参加者と応援の人たちでにぎわった。華やかな会場で行われる希少なレースであるとともに、若い女性ファンの姿が目立ち、時代の変遷が感じられた。

フジテレビ夏の風物詩として開催される「お台場合衆国」。そのサテライト企画として2011年に初開催されたのが「お台場サイクルフェスティバル」だ。アクセスのいい都心での開催、当時として過去最大級の屋外自転車イベント、さらに「お台場合衆国」の隣接開催ということもあり、2011年は3日間で3万6000人が集まった。

◆週末お台場、間近で観戦

「お台場サイクルフェスティバル」は2012年になるとさらにパワーアップした。全日本実業団自転車競技連盟のシリーズ戦として「湾岸クリテリウム」と称したロードレースが開催され、宇都宮ブリッツェン、シマノレーシングなどの強豪が集結。片山右京が監督を務めるチーム右京のスプリンター、辻善光(当時)がゴール勝負を制して優勝した。
《山口和幸》

特集

page top