「開き直り」? それとも「潔さ」? 東急アプリ向けサービスのポスターがユニークと話題に | NewsCafe

「開き直り」? それとも「潔さ」? 東急アプリ向けサービスのポスターがユニークと話題に

ビックリ ニュース

ユニークな文言が話題を呼んでいる東急電鉄のポスター(2016年8月、恵 知仁撮影)。
東急電鉄は2016年8月1日、事故などによる遅延情報も加味した、目的地までの所要時間が検索できるサービス「駅間time」をアプリ上で開始。各駅に掲示されたそのポスター広告がSNS上で話題を呼んでいます。

■「努力している」「新しい」などの書き込み

 東急電鉄は2016年8月1日(月)、事故などによる列車遅延情報も加味して目的地までの所要時間を検索できる新サービス「駅間time」を、スマートフォン向けアプリ「東急アプリ」で開始しました。同社によると、遅延情報を反映できるシステムは「鉄道業界初」といいます。

 そのPRのため東急電鉄は、駅構内にユニークなポスター広告を掲出。ポスターにはイメージ図のほか、「ダイヤ改正。設備改良。警備員増員。それでも発生してしまう遅延時に。」などの文言が記され、その“開き直り”とも“潔さ”とも取れる内容がたちまち、SNS上で話題に。「会社として努力している感じがある」「新しい広告に笑った」などの書き込みが多く見られます。
《乗りものニュース》

特集

page top