銀座メゾンエルメスでフランス人作家ミシェル・ブラジーによる日本初個展。自然に息づく美と醜、生命のサイクル | NewsCafe

銀座メゾンエルメスでフランス人作家ミシェル・ブラジーによる日本初個展。自然に息づく美と醜、生命のサイクル

芸能 ニュース

Pull Over Time (detail) |2016
  • Pull Over Time (detail) |2016
  • IBookgarden |2014ラップトップコンピュータ、水、植物、土、棚、卓上ランプ、昼光色の電球|42 x 65 x 44 cmLaptop, water, plants, earth, shelf, desktop lamp with daylight bulb |42 x 65 x 44 cm
  • Fontaine | 2015グラス、水、食紅、保存料、石膏ボード|サイズ可変Glass, water, food colouring, preservative, plasterboard |Dimensions variable
  • Sans titre|1995紙に洗剤、漂白剤|101 x 71 cmDetergent on paper, bleach |101 x 71 cm
  • Le lacher d'escargots |2009かたつむり、カーペット|サイズ可変| Edition 2/3Snails, carpet |Dimensions variable | Edition 2/3
  • Sans titre |2013ほうき、素焼きの植木鉢、土、ランプ|サイズ可変Brooms, clay pots, soil, lamps |Dimensions variable
フランス人作家のミシェル・ブラジーによる日本初の個展「『リビングルームII』 ミシェル・ブラジー展」が、9月16日から11月27日まで東京・銀座の銀座メゾンエルメス フォーラムにて開催される。

ミシェル・ブラジーは、初期から一貫して植物、野菜、果物、昆虫、微生物などを取り込みながら身の回りの自然に息づく美と醜、生命のサイクルをありのままに、また詩的に問う作品を制作してきた。時間とともに移り変わる生成の過程そのものを見せる作品となっており、これまでに寒天のひび割れと剥離によって描かれる生きた壁画や、積み上げられたオレンジの皮が数ヶ月の間に朽ちていく様子を見せる作品などを発表してきた。

また、カタツムリやねずみといった衛生を重んじる生活環境の中で排除されがちな生き物たちも時に共同作業を担っており、作品の中で新しい役割を得て、実に雄弁に振舞っている。また、文明が生み出した物質も共存しており、型落ちした家電製品に植物を寄生させるシリーズでは、商品のライフサイクルと自然本来の時間を対比させながら、文明や存在のはかなさや逞しさをユーモラスに描き出した。

今回開催される展覧会では、生命が絶え間なく変化する空間でもある「リビングルーム」をタイトルに掲げ、文明が快適さのもとに排除しがちな風景にも対等なまなざしを向ける。

【展覧会情報】
「リビングルームII」 ミシェル・ブラジー展
会場:銀座メゾンエルメス フォーラム
住所:東京都中央区銀座5-4-1 8階
会期:9月16日~11月27日
時間:11:00~20:00(日曜日は19:00まで、入場は閉館の30分前まで)
入場無料
《HEW》

特集

page top