【乗りもの豆知識】この発メロのご時世に…上野駅と新大久保駅が「ベル」であり続けるワケ | NewsCafe

【乗りもの豆知識】この発メロのご時世に…上野駅と新大久保駅が「ベル」であり続けるワケ

ビックリ ニュース

山手線29駅のうち、上野駅と新大久保駅では現在も発車ベルが使用されている(2008年3月、恵 知仁撮影)。
列車が駅を出発するときに流れる発車メロディー。新宿駅と渋谷駅では1989年に導入され、今では当たり前のような存在ですが、山手線29駅の中には現在まで発車ベルが使われている駅もあります。

■JR東日本は1989年に発車メロディーを導入

 列車が駅を出発するときに流れる発車メロディー。今では、それを収録したCDなども販売されており、すっかり定着した感があります。

 駅の発車メロディーは1971(昭和46)年8月、京阪電鉄の淀屋橋駅(大阪市中央区)で使われたのが始まりとされます。現在のものにつながる発車メロディーは、1989(平成元)年3月にJR新宿駅と渋谷駅に導入。その後、けたたましく鳴る従来の発車ベルに代わるものとして、JR東日本をはじめ全国の駅に広がっていきました。

 その過程で、蒲田駅(東京都大田区)の『蒲田行進曲』、高田馬場駅(同・新宿区)の『鉄腕アトム』といったように、その駅周辺の名所やエピソードにまつわる“ご当地発車メロディー”も登場します。
《乗りものニュース》

特集

page top