篠山紀信、“倒錯”的なヌード展「快楽の館」が原美術館にて開催 | NewsCafe

篠山紀信、“倒錯”的なヌード展「快楽の館」が原美術館にて開催

芸能 ニュース

篠山紀信「快楽の館」2016 年(c)Kishin Shinoyama 2016
  • 篠山紀信「快楽の館」2016 年(c)Kishin Shinoyama 2016
  • 篠山紀信「快楽の館」2016 年(c)Kishin Shinoyama 2016
  • 篠山紀信「快楽の館」2016 年(c)Kishin Shinoyama 2016
  • 篠山紀信「快楽の館」2016 年(c)Kishin Shinoyama 2016
  • 篠山紀信「快楽の館」2016 年(c)Kishin Shinoyama 2016
  • 篠山紀信「快楽の館」2016 年(c)Kishin Shinoyama 2016
  • 篠山紀信「快楽の館」2016 年(c)Kishin Shinoyama 2016 (森村泰昌の常設展示作品と)
  • 篠山紀信「快楽の館」2016 年(c)Kishin Shinoyama 2016 ](宮島達男の常設展示作品と)
原美術館にて、1960年代から現在まで常に写真界の先頭を走り続けてきた篠山紀信の個展「快楽の館」が、9月3日(土)~2017年1月9日(日)の期間開催される。

美術館での篠山紀信展といえば、「篠山紀信 写真力」展が2012年以来全国各地の美術館を巡回中だが、本展はまったく異なるコンセプトによる、原美術館だけで開催するユニークな展覧会となる。写真作品「快楽の館」 カラー、モノクロあわせた約60点が展示される。

テーマは、1938年完成の邸宅が元になった原美術館を、篠山紀信がカメラによって“快楽の館”に変貌させること。出品作品はすべて撮り下ろしの新作で、およそ30名にものぼるモデルを起用したヌード写真であり、そのすべてがこの原美術館で撮影されたものだ。「ここ(=原美術館)で撮った写真をここに帰す(=展示する)」というコンセプトは、原美術館で個展を開催することになったとき、まず篠山紀信氏が提案したアイデアなのだという。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top