埼玉県「食をめぐる作文コンクール」作品と学生審査員を公募 | NewsCafe

埼玉県「食をめぐる作文コンクール」作品と学生審査員を公募

社会 ニュース

「食をめぐる作文コンクール」 リーフレット
  • 「食をめぐる作文コンクール」 リーフレット
  • 「食をめぐる作文コンクール」募集要領
  • 「食をめぐる作文コンクール」学生審査員募集要領
 埼玉県では、お弁当や給食、家庭の定番料理など「食」をめぐる思い出やエピソードの作文コンクールを実施している。応募締切りは9月14日。作品とあわせて学生審査員も8月31日まで募集中。

 「食をめぐる作文コンクール」は、食について改めて見つめ直し、理解を深めるきっかけとなることを目的に埼玉県が平成17年度から実施しており、開催は今回で12回目となる。

 作品には、運動会や遠足のお弁当の思い出や給食のエピソード、我が家の定番料理、忘れられないあの味、好きな食べ物など、食にまつわる思い出やエピソードを募集。小学生の部、中学生の部、一般の部(高校生以上)の3部門ごとに最優秀賞1点、優秀賞3点程度、努力賞15点程度を選出する。入賞者には賞状および副賞が贈られるほか、応募者全員に参加賞がプレゼントされる。

 作品の募集とともに、若い感性での作品審査を期待して学生審査員3名を公募する。学生審査員は、審査会前に一次審査により選考された候補作品を読んで採点するほか、10月24日に開催する審査会に出席し、ほかの審査員とともに入賞作品を選定する。応募資格は県内に在住または在学の大学生、短大生、大学院生、専門学校生。今回のコンクールに作品を応募していないことが条件となる。応募は8月31日まで受け付ける。
《勝田綾》

特集

page top