U15侍の誇るユーティリティマン鈴木琉晟、チャンスを生かし攻守で貢献 | NewsCafe

U15侍の誇るユーティリティマン鈴木琉晟、チャンスを生かし攻守で貢献

スポーツ ニュース

チェコ戦で、6番・サードでスタメン出場した鈴木琉晟【写真:Getty Images】
■チェコ戦では主軸に負けぬ2安打3打点「単打で1点でも多く取れるように…」

 「3回 WBSC ベースボールワールドカップ in いわき」の予選リーグ4日目だった1日、侍ジャパンU-15代表はチェコと対戦した。日本は15-0と快勝したが、その中でも6番・サードでスタメン出場した鈴木琉晟がクリーンアップに負けず劣らずの存在感を示した。

 1戦目オーストラリア戦以来のスタメン出場となった鈴木は、第1打席から魅せた。

 「3連勝してきて、全勝で決勝ラウンド進出を決めたかったので、チームのために長打ではなく単打で1点でも多く取れるように、コンパクトに振ろうと思いました」

 初回、ボークと内野ゴロの間に得点し、いきなり2-0とリードを奪った日本。2死三塁と追加点のチャンスで鈴木に打席が回ってきた。カウント3-1からの5球目、106キロの内角高め直球にバットを振り抜いた。単打を狙ったシャープなスイングで、打球は左中間を真っ二つ。この試合、侍ジャパン初のタイムリーヒットになった。
《Full-count》

特集

page top