ギスギスしない自然な対話のきっかけを……Supershipが動画チャットアプリ「Sunnychat」 | NewsCafe

ギスギスしない自然な対話のきっかけを……Supershipが動画チャットアプリ「Sunnychat」

経済 ニュース

Supershipは1日、無料のコミュニケーションアプリ「Sunnychat」の提供を開始した。写真は、Supership 代表取締役社長の森岡康一氏(右)と、同社 取締役 新規サービス開発室長の古川健介氏(左)
  • Supershipは1日、無料のコミュニケーションアプリ「Sunnychat」の提供を開始した。写真は、Supership 代表取締役社長の森岡康一氏(右)と、同社 取締役 新規サービス開発室長の古川健介氏(左)
  • 「Sunnychat」が目指すのは、動画をきっかけに仲間と雑談を楽しめるメッセンジャー
  • 利用イメージ。動画にはテキストやスタンプを入れられる。仲間の投稿した動画にはテキストでコメントできるほか、絵文字の連打などによって感情を表現することも可能
  • 利用イメージ。このようにタイムラインに仲間の動画が投稿されていく
  • 今後は動画の表現方法を増やし、将来的にはAR技術と連携させた動画を投稿できるようにしていきたい考え
 KDDIのグループ会社であるSupershipは1日、無料のコミュニケーションアプリ「Sunnychat」の提供を開始した。動画を軸に、友だちや家族とチャットで雑談を楽しめるツールを目指している。

■サービスの狙い

 Sunnychatの使い方は、以下の通り。まずはアプリを通じて最大5秒の動画を撮影する。次に、動画に表示させるテキストやスタンプを追加。最後に共有するメンバーを選んで投稿を確定する。メンバー間では、アップされた動画を話題の中心にしてチャットやスタンプを楽しめる。投稿された動画にはテキストでコメントできるほか、絵文字の連打などによって感情を表現することも可能。アプリは無料で、すでにAndroid版がGoogle Playで展開中。iOS版のリリースも近日中を予定している。

 TwitterやInstagram、FacebookといったSNSでも、写真や動画を投稿できる。またメッセンジャーアプリとしては、先行するLINEが大きなシェアを獲得している。こうしたサービスが人気を集めるなか、後発となるSunnychatではどのような展開を思い描いているのだろうか。記者説明会に登壇した同社 取締役 新規サービス開発室長で、nanapiを立ち上げた古川健介氏は、まず現行のSNSのデメリットについて「ギスギスしやすい」と指摘する。
《近藤謙太郎》

特集

page top