広瀬すず、初訪韓で韓国語披露!「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」 | NewsCafe

広瀬すず、初訪韓で韓国語披露!「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」

芸能 ニュース

広瀬すず/「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」
  • 広瀬すず/「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」
  • 広瀬すず/「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」
  • 「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」
  • 「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」
  • 「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」
  • 「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」
  • 「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」
  • 「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」
韓国・富川市で7月21日(現地時間)から開催された第20回富川国際ファンタスティック映画祭。300本以上の作品が上映され多くのゲストが登場したが、中でも注目を集めたのがチャン・グンソクだ。短編映画部門に『偉大なる遺産』(原題)の監督として登壇、喝采を浴びた。

現在、漢陽大学・大学院で映像演出を学んでいるチャン・グンソクが大学院の友人らと製作したこの作品は、昏睡状態になってしまった父の貯金をおろすため、息子がパスワードを推理するというストーリー。主人公は「星から来たあなた」のノ・ヒョンウクが演じ、チャン・グンソクは監督に専念している。

ほかの短編監督らと並んで登壇したチャン・グンソクは「親子とは一番近い関係だけれども、近すぎて、その愛に気づかない。後になって悔やむ若者を描こうと思いました」と真剣な顔つきで語った。短編映画は6本連続で上映されるため、一緒に登壇したほかの短編映画の監督は「グンソクさんが短編を撮ってくれたおかげで、一生浴びることのない量のフラッシュを浴びました」と喜んでいた。
《photo / text:Ayako Ishizu》

特集

page top