生田斗真が潜った先は…菜々緒の美脚! 北京語や鞭に挑戦『土竜の唄 香港狂騒曲』 | NewsCafe

生田斗真が潜った先は…菜々緒の美脚! 北京語や鞭に挑戦『土竜の唄 香港狂騒曲』

芸能 ニュース

『土竜の唄 香港狂騒曲』(C)2016「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
  • 『土竜の唄 香港狂騒曲』(C)2016「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
  • 『土竜の唄 香港狂騒曲』(C)2016「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
先日、主演の生田斗真がスラリと伸びた艶美な足に挟まれている刺激的なビジュアルや新キャストが解禁され、インパクト大と話題を呼んでいる『土竜の唄 香港狂騒曲』。この度、その美脚の正体が明かされた。

交番勤務のダメ巡査・菊川玲二(生田斗真)はある日突然クビになり、潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され、日本一凶悪な犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだ。“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也(堤真一)と兄弟の契りを交わし、何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、ケーサツである身分もなんとか明かさず生き抜いた玲二。最終ターゲットである数寄矢会会長・轟周宝(岩城滉一)は挙げられなかったものの、傘下の阿湖義組組長・阿湖正義の引退、若頭補佐・月原旬の逮捕までは漕ぎつけた。しかし、思いもよらず日浦組若頭に就任してしまった玲二は、極道の世界へさらに深く潜っていくハメに!

《cinemacafe.net》

特集

page top