知らなきゃ損!干したほうがおいしくなる野菜がある | NewsCafe

知らなきゃ損!干したほうがおいしくなる野菜がある

ビックリ ニュース

知らなきゃ損!干したほうがおいしくなる野菜がある
野菜の保存方法と言えば、冷蔵か冷凍、冷暗所といったところが多いと思います。調理の仕方も、サラダや煮物、炒め物、蒸し物、揚げ物などに分かれますが、実は「干す」という方法は保存の意味でも調理の意味でもメリットがたくさんある方法なんです。

キノコ類は全部干してOK
干しエノキや干ししいたけが有名ですが、キノコ類は干すことで旨味が凝縮し、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが大幅にアップします。もともと食物繊維やビタミンB類が豊富で低カロリーの食品ですから、ダイエットにももってこい。石づきを取り除いて軽くほぐし、2時間~半日ほど天日で干します。食べる時はそのまま調理するか、水で戻すときには戻し汁ごと使うと旨味UPに。

根菜類は干した方が甘くなる
干すことで青臭さが抜けて甘みが強くなります。酵素が活性化し、旨み成分も多くなるので美味しくなりますよ。火の通りも早くなるので調理が楽に。にんじんは薄切りにするか輪切りでOK。少し黒くなっても大丈夫です。ゴボウも薄く削ぐか乱切りで。れんこんも薄切りにして。そのままカラリと揚げれば野菜チップスになりますし、煮物にする時にも煮崩れせず旨味がギュッと出て美味しい。半日程度の天日干しで完成です。カラカラに干しすぎると美味しくないので、半乾燥くらいがちょうどいいそうです。
《サプリ》

特集

page top