「打席無駄にしない」筒香嘉智の凄さ、歴史的HR量産の要因と3冠王への鍵 | NewsCafe

「打席無駄にしない」筒香嘉智の凄さ、歴史的HR量産の要因と3冠王への鍵

スポーツ ニュース

DeNA・筒香嘉智【写真:荒川祐史】
■ラミレス監督も称賛「打席を無駄にしていない」

 8月を迎え、いよいよ勝負所に突入したペナントレース。驚異的なペースでホームランを量産し、球界の話題を独り占めしているのが、DeNAの筒香嘉智である。

 先月は実に16本塁打。これは王貞治(巨人=70年6月、73年8月)の15本を超え、門田博光(南海=81年7月)、江藤智(広島=94年8月)、阿部慎之助(巨人=04年4月)と並び、月間本塁打の日本人歴代最多記録。今季32号となり、7月2日に最大10本差あったヤクルト・山田を抜き去り、ホームラン王争いでも2本差を付けてトップを走っている。

 快挙の要因となったのが、固め打ちだ。19日のヤクルト戦から記録した3戦連続1試合2本塁打、29日の広島戦で記録した月間6度の1試合2本塁打は、ともに史上初。1本打っても満足することなく、次の1本が飛び出す。高い集中力を保って試合に臨んでいる。

 それを裏付けるような数字がある。本塁打ペースをさらに上げた球宴明け、12試合で受けた四球は実に13。厳しいコースを突かれる一方、カウントを悪くすると最後は勝負を避けて敬遠気味に歩かされる。そんな状況が続いても、集中を切らさず打てる球をひと振りで仕留める。背番号25の凄さが、際立っている。
《Full-count》

特集

page top