日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝 | NewsCafe

日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝

スポーツ ニュース

日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」が2016年7月29日(金)~31日(日)の3日間、恵庭カントリー倶楽部にて開催された。

最終日となった7月31日(日)、快晴の中で準決勝の2試合、決勝戦の合計3試合が行われた。32名のトッププロ達による激戦を制したのは、初出場の時松隆光。32人目の最後の枠に滑り込んだ時松は、先々週の「ジャパンクリエイトチャレンジin 福岡雷山」、先週の「ダンロップ・スリクソン福島」に続く3週連続優勝を果たすと共に、優勝賞金1億円を獲得した。

午前中に行われた準決勝で時松は、2014年賞金王の小田孔明と対戦し、1アップで勝利。二回戦の藤田寛之、三回戦の谷口徹に続き、賞金王3連戦を制して決勝進出を決めた。決勝の相手は、日本オープンチャンピオンの小田龍一。時松は序盤から流れに乗り、前半を5アップという大差で折り返す。
《美坂柚木》

特集

page top