夢アド・小林れい「住所書いた紙を投票箱に入れそうになった」…18歳初選挙の感想を語る | NewsCafe

夢アド・小林れい「住所書いた紙を投票箱に入れそうになった」…18歳初選挙の感想を語る

芸能 ニュース

夢アド・小林れい「住所書いた紙を投票箱に入れそうになった」…18歳初選挙の感想を語る
  • 夢アド・小林れい「住所書いた紙を投票箱に入れそうになった」…18歳初選挙の感想を語る
  • 夢アド・小林れい「住所書いた紙を投票箱に入れそうになった」…18歳初選挙の感想を語る
  • 夢アド・小林れい「住所書いた紙を投票箱に入れそうになった」…18歳初選挙の感想を語る
  • 夢アド・小林れい「住所書いた紙を投票箱に入れそうになった」…18歳初選挙の感想を語る
  • 夢アド・小林れい「住所書いた紙を投票箱に入れそうになった」…18歳初選挙の感想を語る
  • 夢アド・小林れい「住所書いた紙を投票箱に入れそうになった」…18歳初選挙の感想を語る
アイドルグループ・夢みるアドレセンスが7月30日、ベルサール秋葉原で開かれているNHK主催イベント「ムズムズエイティーン夏の学園祭」に出演した。

「ムズムズエイティーン」というイベントにふさわしく、今年で18歳になったメンバーの小林れいさん。先日初の選挙に行ってきたという。

「すごい大人になった気分でした。間違えて住所書いている紙を投票箱に入れそうになっちゃいました」

と、おちゃめな初選挙の体験談を話し、メンバーから「それ無効だから!」と突っ込みを入れられる場面も。

「ムズムズ体操第18」は、女子高生の等身大の気持ちが歌詞やミュージックビデオに込められており、メンバーで唯一の18歳の小林さんは、「写真を撮る角度とか、やってるなーってすごい共感できました」と、語った。
《山本有莉》

特集

page top