維持困難な線区、今年秋口までに発表 値上げ、バス転換など沿線と協議へ JR北海道 | NewsCafe

維持困難な線区、今年秋口までに発表 値上げ、バス転換など沿線と協議へ JR北海道

ビックリ ニュース

老朽化している車両や運転設備の例(画像出典:JR北海道)。
JR北海道が2016年秋口までに、同社単独で維持が可能な線区と、維持が困難な線区を示すと発表しました。そのうえで沿線の自治体などと「持続可能な交通体系のあり方」について協議を開始したいとしています。

■上下分離方式も検討

 JR北海道は2016年7月29日(金)、経営状況と北海道の人口減少の現状を踏まえ、それぞれの地域に適した「持続可能な交通体系のあり方」について、今年の秋口以降に沿線自治体などと協議を開始したいとする考えを発表しました。

 1987(昭和62)年にJR北海道が発足して以降、同社によると、北海道の鉄道は、札幌圏では人口が増加し利用が増える一方、札幌圏以外では人口の減少や道路網の整備などにより利用が減少。安全を維持する費用を確実に確保する前提で今後の収支を見通した場合、札幌圏を含む北海道全体で「鉄道の運行が困難となる状況」にあるといいます。

 JR北海道は今年の秋口までに、同社単独で維持が可能な線区と維持が困難な線区を提示。困難な線区については、鉄道維持の新たな方策の策定やバス転換などの選択を含め、地元と協議したいといいます。維持可能な線区についても、事業のスリム化を図るほか、運賃を改定することで維持していきたいとしています。
《乗りものニュース》

特集

page top