競技の垣根越えた「クロス・プロモーション」 新たなスポーツ文化創出に? | NewsCafe

競技の垣根越えた「クロス・プロモーション」 新たなスポーツ文化創出に?

スポーツ ニュース

■埼玉県で開催される埼玉西武ライオンズ&大宮アルディージャのコラボ企画

 サッカーファンと野球ファンを1つにする、競技の垣根を超えた「クロス・プロモーション」が埼玉県で開催される。

 埼玉西武ライオンズとJリーグクラブの大宮アルディージャは、昨年に引き続き「A×L(エール)!大宮」キャンペーンを行うことを発表した。両チームは「プライドリームス埼玉」の一員として、「スポーツで埼玉をもっと元気に!」をキャッチフレーズに埼玉県内に本拠地を置くスポーツチームと共に活動している。

 日本では野球部は野球を、サッカー部はサッカーだけをプレーして1つの競技を追及する風潮が今でも続いている。一方、米国ではシーズン制でプレーする競技も、ファンとして楽しむ競技も季節によって変わっていく。米国では、シーズンごとに違った競技を楽しむ者が多いことから、競技を超えた「二刀流アスリート」が大学レベルでも多く存在する。
《Full-count》

特集

page top