姫乃たまのニュースサイト探訪「なにをどうやって作ってるの?」【老舗ポータル・goo編】 | NewsCafe

姫乃たまのニュースサイト探訪「なにをどうやって作ってるの?」【老舗ポータル・goo編】

ビックリ ニュース

いまやすっかり一般的になったニュースサイトやキュレーションサイト。電車に乗れば、スマホ片手に情報をチェックしている人がたくさんいる。そんな好調なネットニュースメディアの実態を探るべし! と、地下アイドルでありライターでもある、姫乃たまに依頼をしたのだが、驚くことにたまちゃんは、かなりの"ウェブ音痴"。困り果てた彼女に「一緒に来てくださ~い」と頼まれ、編集部の記者が同行することになったのだが……。 今回、たまちゃんとやってきたのは、ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社。「goo」はインターネット黎明期からさまざまなサービスを提供してきた老舗サイトなのですが、今回はそちらの「gooニュース」編集部に突撃してみました! 姫乃「うわあ、広くて、キレイ過ぎて眩しい~! そしてパソコンがいっぱい~!」 いやいや、ウェブの仕事をしているんだから当然でしょ。 姫乃「それになんだか空気がキレイですよ。私が普段おじゃましている雑誌の編集部とは大違い」 ……さて、軽く問題発言をしたところで、本日、話を聞かせていただくメディア事業部ポータルサービス部門の久須美達也さんが登場。本日はよろしくお願いします! 久須美「よろしくお願いします」 ニュースとトピックスを担当。笑顔がステキなイケメンです 姫乃「あの、ネットのことよくわかっていないので、とんちんかんなこと言ってしまうと思いますが、よろしくお願いします」 久須美「大丈夫ですよ。なんでも聞いてください」 姫乃「gooは、いつからサービスを始めたんですか?」 久須美「1997年ですね。最初は検索、それから辞書とサービスを拡大していきました。日本で最初に検索エンジンを開発したのは、gooなんですよ」 姫乃「最初に! ということは、かつて地球には検索エンジンがなかった時代があるんですね……!」 いまやインターネットには必須の検索エンジン。それを最初に開発したというのだから、すごいことです。そこからポータルサイトとして、じょじょにサービスを増やしていったgooさん。その中でも人気コンテンツであるニュースとトピックスについて、さっそく聞いていっちゃいましょう。 姫乃「毎日たくさんのニュースが載っていますが、1日に何本ぐらい掲載しているんですか?」 久須美「1日の記事数は2000本ですね。提携したサイトから配信された記事は全部出していますよ」 姫乃「2000本! それはもう来た記事を右から左へ、ハイテク機械が配信していくという感じで?」 久須美「いえ、全部チェックしていますよ。そのうちの180本ぐらいをトピックスという形で作っています」 姫乃「えっ、生きた人間がすべて見ている……!?」 久須美「はい。30人ぐらいで24時間、365日、ニュースをチェックし続けています」 姫乃「ああ、なんだ、安心しました。それくらい大変だと、やはり私が知っている編集部みたいに、机の下に寝袋があって、ごはんはキーパンチしながらカップラーメンで済ませて、みなさん編集部に泊まっているんですね? そして栄養ドリンクを飲み過ぎて、だんだん顔色が土色……」 久須美「いえ、交代制でやっているんで、会社に泊まることはないですよ。残業もあまりありませんし」 姫乃「えっ、へえ……!?」 24時間365日体制というからどんなブラック企業かと思いきや、実はちゃんとホワイトでした。 ノッてきた様子のたまちゃん。ロクロをまわしはじめました 姫乃「ニュースを載せているポータルは他にもたくさんありますけど、gooニュースはここが違うとか、特徴はありますか?」 久須美「インターネットの黎明期から使っていただいているユーザーさんが多いんですよ。だいたい40代以上でしょうか。そのへんを意識してニュースをセレクトしていますね。あとは地方紙や地域メディアの記事を取り上げることも多いですね」 記者「そういえば、東北でツキノワグマが町に出てきたニュースを見たことありますよ」 久須美「動物のニュースは反応がいいんですよ。昨年のエミューが脱走した記事は、すごく読まれましたね」 姫乃「エミューはとても可愛い鳥」 順調にすすんでいった取材だが、次の質問でたまちゃんがちょっとしたピンチに……。 久須美「ちなみに姫乃さんは、ネットでニュースをよく見ますか?」 姫乃「あっ、はい、まあ、私もこう見えて最近の若人ですので、ええ、まあ、そうですね、はい……」 久須美「電車を待つ時とか、スマホで見ませんか?」 姫乃「え~と、電車に乗る時は、本を読んでいるので……すみません、見ていません。あっ、たまにフェイスブックで知り合いがシェアしたニュースを見ます」 久須美「なるほど。趣味が近い知り合いがシェアしたニュースなら、自分も関心ありますもんね」 姫乃「あ、そういうことなのかもしれません~」 久須美「実はgooもそれに近い機能を提供しているんですよ」 姫乃「フェイスブックを始めるんですか?」 久須美「いえ、ユーザーさんがログインした状態でニュースみていると、みた結果から興味がありそうなニュースをおすすめするというものです。『マイニュース』というんですけど、スマホだとニュースの下にでてきますよ」 姫乃「え~と、私が好きそうなニュースを選んで見せてくれるということですか?」 久須美「そうです。12月にリリースしたばかりなのでみなさんにつかっていただいて感想もいただいて、どんどんよくしていきます」 姫乃「すご~い。フェイスブックの知り合いの代わりをしてくれるんですね」 久須美「それに近いですね」 姫乃「ということは、私とgooさんは知り合い! 今日からネットはgooから見ます」(ブラウザのホームをgooにするという意味らしい) 久須美「ありがとうございます」 すみません、久須美さん。あとでたまちゃんに注意しておきます 実はネットニュースをあまり見ないということがバレてしまったたまちゃん。久須美さんはそんなたまちゃんにムッとすることもなく、にこやかに自社サービスを説明してくれました。感謝! そしてそろそろ、たまちゃんの知識量が限界に達してきたので、代わって記者が質問を……。 記者「ポータルサイトはたくさんありますが、gooはどんな特色を出していこうとしているんでしょう?」 久須美「先ほどのレコメンドサービスもそうですし、ニュースを人力で選定していることもそうですが、より人間味のあるサービスを目指しています。これは例えばgoogleさんにはできないことなので、強みにしていきたいですね」 姫乃「ふ~む、なるほど、れこめんどさーびすですよね。わかります、わかります。私も今日からgooでニュースを読むようにします!」 久須美「よろしくお願いします(笑)」 というわけで、とんちんかんな会話もありましたが、取材は無事に終了。終始、にこやかに対応していただいた久須美さん、ありがとうございます! それでは最後に、いちおう取材記者としてたまちゃんに締めてもらいましょう。 「本当にオフィスが眩しすぎて目がなかなか開けられませんでした……。オフィスのキレイさと反対に、社員さん達の心は荒んでいるのでは……? と思い、じっとり観察していましたが、和気あいあいとしていて、とても楽しそう……。ニュースサイトってもっと機械的に運営されているのかと思いきや、人間味溢れる職場で24時間ユーザーに寄り添った配信がされているんですね」 さてさて、次はどこのサイトにおじゃまするのか? たまちゃんはボロを出さずにインタビューできるのか? 乞うご期待! 姫乃たま(ひめの たま) 地下アイドル/ライター 1993年2月12日、下北沢生まれ、アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界の隙間産業。16才よりフリーランスで開始した地下アイドルを経て、ライター業を開始。雑誌からウェブまで幅広い分野を手掛ける。 姫乃たまオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/love-himeno/ ツイッター:@Himeeeno
《日刊大衆》

特集

page top