誰にも言えないから"悩み"? 「悩み相談しない」7割超 | NewsCafe

誰にも言えないから"悩み"? 「悩み相談しない」7割超

ビックリ ニュース

厚生労働省は先月7日、全国8カ所の労働局を拠点として、全国一斉に「過重労働解消相談ダイヤル」を実施した。これは長時間労働や残業代の未払いなどの
厚生労働省は先月7日、全国8カ所の労働局を拠点として、全国一斉に「過重労働解消相談ダイヤル」を実施した。これは長時間労働や残業代の未払いなどの"過重労働"の悩みに答える電話相談で、「過重労働解消キャンペーン」の一環として行われたものである。そう、先月は厚労省による「過労死等防止啓発月間」だったのだ。
いわゆる"ブラック企業"の台頭も問題視される昨今、これは重要な取り組みだろう。だが果たして「本当に過重労働に苦しむ人」のどれほどが、このキャンペーンを知っていただろうか。忙殺される人々は、まずこうした情報を得る余裕がなく、知っていたとしても相談する気力もないのではないか。だからといって行政も手をこまねいているわけにいかない…難しいところだ。
NewsCafeのアリナシコーナーでは「悩みは人に話さない…アリかナシか」という調査が実施されたようだ。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…71.1%】
■本当に深刻な悩みは話さない。
■女は基本性格悪くて人の不幸は蜜の味だから言わない。
■人を信用してないんでね。
■悩みを話されても困るから自分も話さない。
■結果がどうであれ、打ち明けたところで決めるのは結局は自分。
■喋る事が面倒だから。
■尾ひれを付け、ベラベラ拡散されるので話したくない。
■強がりというか弱味を見せたくないというか。
■本当に悩んでいることを相談して、参考になったことは一度もない。
■話せないから悩みなんです。

【ナシ…28.9%】
■誰でもは話さない。本当に信用してる人だけ…。
■悩み事によるだろう。
■少しくらい話したいとは思ってる。
■人を信用してないってことは自分も信用されてないってこと。
■話す時もあるけど最終手段。もっと早く言えと言われる。
■ウチのには話しますね。
■旦那さんにしか話しません。
■全てではないけど相談する悩み事もあるのでアリに。
■話した方が精神的にはいいと思う。
■悩みは人に話せば8割解決したも同然、残り2割が難しいのだ!

結果は【アリ派】7割超。「悩みを話のネタにされた事があったので、速やかに友達やめました」「そういう間柄の人がいない」など"相談相手に問題がある"とする人はまだしも、「弱みを見せられない」「喋るのが面倒くさい」などの回答をする人は、かなり逼迫した状況なのではないか…と不安を抱かせた。
「信用できない相手に悩みは話せない」、これは仕方がないし当然のことだ。しかし「相手に心配をかけたくないから悩みを話せない」という人は、もう一度よく考えてみてほしい。大切に思っている相手であればあるほど、逆の立場なら「なぜ相談してくれないのか」と思うのではないだろうか。

[文・能井丸鴻]
《NewsCafeアリナシ》
page top