ささやかな"帰宅後の楽しみ"ありますか? | NewsCafe

ささやかな"帰宅後の楽しみ"ありますか?

ビックリ ニュース

もう10年近くも前だが「
もう10年近くも前だが「"生きがい"がない人は、ある人に比べ、病気などで死亡する割合が1.5倍に高まる」という研究結果が発表され、話題になったことがあった。東北大大学院の辻一郎教授らが、宮城県内の40~79歳の健康な男女4万3391人を対象に調査したものだ。
内容をかいつまむと「『生きがいを持って生活しているか』との質問に、『ある』と回答したのは59%、『ない』は5%、『どちらとも言えない』は36%。このうち、7年後までに死亡した3048人について死因を追跡調査したところ、生きがいが『ない』と答えた人は、『ある』と答えた人に比べ、脳血管疾患で死亡した割合は2.1倍高く、肺炎も1.8倍高かった。自殺なども含めて死亡した人の割合を全体でみると、生きがいがない人は、ある人に比べ1.5倍高かった」…という。
「病は気から」をデータ化したような研究結果は、病気と闘う人の支えになることもあっただろう。しかし、とりあえず健康で仕事に追われている人の場合、改まって「生きがいは?」と聞かれても戸惑うかもしれない。
NewsCafeのアリナシコーナーではこのほど、生きがいと言うほどでは大げさではないものの、ささやかで大切な「帰宅後の楽しみ、ありますか?」という調査が実施されたようだ。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…71.8%】
■なんたってビール!
■寝ます。布団に入る瞬間が幸せ。
■一人暮らしなので誰にも気がねなく好きに過ごす事が幸せ!
■帰宅までの買い食い。
■家事すべて終わらせゴロンとする時間。時間が止まってほしい…。
■テレビは見ないのでネットで情報収集。
■パソコンでゲーム。いろんな人との交流が楽しい。
■晩酌とニュースカフェ。
■息子の笑顔と旦那の笑顔…。
■皆何かしらあるでしょ。なかったら寂しいよ。

【ナシ…28.2%】
■そんなのはない。
■特にない。
■楽しみなんてありません。
■食って寝るだけ。
■早く寝なくっちゃで楽しむどころではない。
■なんにもない。天涯孤独の独身には生きてる事さえ辛いです。
■見たい番組見られない。食事、風呂準備、片付け、ひとりがいい。
■ここ2年ばかり外出してない。
■帰宅前に奥さんに内緒で買い食いするくらい。帰宅後はないな。
■家にいても落ち着かない。眠って意識がない時が一番幸せ。

結果は【アリ派】7割超の多数派となった。「漢クロにはまっている!」「スカパーで録画した海外ドラマを見る事」「ミストサウナで音楽聴きながらノンビリ入浴した後のキンキンに冷えたお茶!」…。食事、飲酒、睡眠、娯楽、家族との交流…暮らしの中に組み込まれた何かが、ちょっとした気晴らしになっているというコメントが多数寄せられている。
また「ワンコのお出迎え…ない時もあるが…」「同居黒猫と遊び、満足してもらえたら眠りにつくよ」「ツンデレがたまらなくかわいい愛鳥が待ってます」など"ペットとのふれあい"が楽しみであるという声も多かった。
しかし、一方の【ナシ派】も約3割と決して少なくはない。"日々生きること"に削られ消耗し、何も見えなくなるときは誰にもある。そんな時「生きがいを探せ」と言われても難しいし、「いつもと違うことを試してみろ」と言われても、そんな時間も余裕もない。ただ、こうして「アリナシの問いに答える」という気力が残っていたことは、ひとつ"発見"と言えるのではないだろうか。

[文・能井丸鴻]
《NewsCafeアリナシ》
page top