ICカード浸透した今…「切符を切るハサミの音が懐かしい」7割超 | NewsCafe

ICカード浸透した今…「切符を切るハサミの音が懐かしい」7割超

ビックリ ニュース

主要交通系ICカードの累計発行枚数が1億枚を超える現在。NewsCafeでは先日「電子マネーカードにチャージするとき、アナタは一回につき平均何円チャージしますか?」というアンケートが行われていた。結果、1位は「1000円」で29.8%…全体的に「紛失が怖いので、必要な額を
主要交通系ICカードの累計発行枚数が1億枚を超える現在。NewsCafeでは先日「電子マネーカードにチャージするとき、アナタは一回につき平均何円チャージしますか?」というアンケートが行われていた。結果、1位は「1000円」で29.8%…全体的に「紛失が怖いので、必要な額を都度チャージする」という人が多いようだ。
しかし、交通系ICカードを「紛失したことがある」という人は、いったいどれくらいいるのだろうか。ICカードは財布やカードケースに入れたまま利用できるもの…失くすとなれば財布ごと、ケースごと、ということになる。そう度々失くしていては生きていけないだろう。
つまり前述のアンケート結果は「まだ"切符"を握りしめて電車に乗っていた頃、ちょくちょく紛失していた」経験の名残ではないだろうか。人間は、長きにわたった習慣を、そうそう忘れられるものではないのである。
そんななか、NewsCafeのアリナシコーナーには「切符を切るハサミの音が懐かしい…アリかナシか」というテーマが寄せられたようだ。調査結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…73.6%】
■軽快なリズムで流れをほとんど滞らせず。今思えば、一種の職人芸でした。
■懐かしい! あの音とてもいいわよね!
■東京の一部ではそれぞれの駅ごとに形も違った。
■地方のローカル線では現役で残ってるよ~。
■列車だけでなく昔はバスも車掌さんが鋏を入れていた。
■あれ子供の頃憧れてね、切符セットのオモチャのハサミ嬉しかったなぁ…。
■名人芸のようだった。もう見られないね。
■なんか風情があった。
■切る前にカチカチッとやるのが好きだったな。
■切符の厚みも懐かしい…。

【ナシ…26.4%】
■あまり電車に乗る事がないからナシ。
■記憶にないなぁ。中川礼二のモノマネで何となく?
■懐かしいけど音は覚えてないです。今でもやってるんですね(驚)!
■田舎は昔から車社会。学生は自転車かバスです。
■あれは駅員にとっては腱鞘炎になるなど大きな負担だった。
■あの音よりも硬券の方が懐かしい。
■耳に残るほど電車に乗ってません。
■懐かしさを感じる程の記憶もない。
■そんな大昔のモノは知らん(笑)。
■みたことない!!

結果は【アリ派】7割超。「懐かしい!」「ノスタルジーを感じる!」「もう一度見たいな」「憧れてたなぁ」などのコメントが相次いだ一方、【ナシ派】は「懐かしさを感じるほど記憶にない」「知らん」と冷ややかだ。10代から50代以上まで幅広いユーザー層を誇るNewsCafe…これはあからさまな"世代の差"だ。
JR東日本が管内で「Suica」対応サービスをスタートしたのは2001年の事だが、「磁気乗車券用改札機の実用化」となると1970年代初頭まで遡る。20代はもちろんのこと30代すら、生まれ育った場所によっては"あのハサミ"の記憶はないだろう。
ちなみに"あのハサミ"、名前は「改札鋏(かいさつきょう、かいさつばさみ)」というそうだ。筆者にとっても非常に懐かしいものだが…上記コメントに見られる「硬券」を手にした記憶はない。硬券とは、硬い厚紙で作られた乗車券のことで、自動券売機の普及により廃れたものだとか。うーん、時の流れを感じさせるテーマである。

[文・能井丸鴻]
《NewsCafeアリナシ》
page top