宮原 無念の世界選手権欠場 エース不在で日本代表3枠ピンチ | NewsCafe

宮原 無念の世界選手権欠場 エース不在で日本代表3枠ピンチ

スポーツ ニュース

 日本スケート連盟は20日、フィギュアスケート女子の宮原知子(18=関大)が29日開幕の世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)を欠場すると発表した。左股関節疲労骨折で2月の四大陸選手権と冬季アジア大会を欠場したエースは3月に入って練習を再開したが、18年平昌五輪の国別出場枠が懸かる大舞台でベストの演技ができないと判断。本郷理華(20=邦和スポーツランド)が代わりに出場するものの、日本女子は最大の3枠確保へ大ピンチに陥った。

 全日本選手権3連覇中のエース不在で大一番を迎える。宮原は昨年12月から左股関節に痛みを抱え、2月に疲労骨折と発表されて2大会を欠場。今月から練習を再開したが、まだ骨がきれいについていない状態で「練習が足りない」とこぼすこともあった。いまだ痛みが取れず、世界選手権でベストパフォーマンスができないと本人、医師の見解が一致。日本連盟を通じて発表したコメントに悔しさがにじんだ。
《スポーツニッポン》

特集

page top