英ポンド、3カ月ぶり安値=EU離脱への懸念 | NewsCafe

英ポンド、3カ月ぶり安値=EU離脱への懸念

経済 ニュース

11日のロンドン外国為替市場で英通貨ポンドがドルに対して下落し、一時1ポンド=1.2038ドルと、2016年10月上旬以来約3カ月ぶり安値を付けた。
英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる懸念の高まりが背景。トランプ次期米大統領の経済政策への期待感からドルが買われたこともポンド安要因となった。
ポンドはEU離脱を決めた16年6月の英国民投票を受け急落。同年10月上旬には1985年以来約31年ぶり安値を付けた。
《時事通信》

特集

page top