木村拓哉の紳士な対応<新ドラマ舞台挨拶メモ> | NewsCafe

木村拓哉の紳士な対応<新ドラマ舞台挨拶メモ>

芸能 モデルプレス/ent/wide/show

【菜々緒/モデルプレス=1月11日】木村拓哉主演のTBS系日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』(1月15日スタート、毎週日曜 後9:00 ※初回25分拡大)のプレミアム試写会&舞台挨拶が11日、都内で行われた。

【さらに写真を見る】<日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』プレミアム試写会&舞台挨拶の模様>木村拓哉、SMAP解散後初の公の場

◆木村拓哉の紳士な対応

昨年末のSMAP解散後、初の公の場に登場した木村は、イベント終了時の降壇間際に記者陣の前で足を止め「(グループが解散したことによって)やっぱり変わることは確実にありますけど、今できることをやっていく」と落ち着いた口調でコメント。「どんな一年にしたいですか?」の問いには「全力で!」と笑顔で応じた。

イベントには木村のほか、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、及川光博、浅野忠信が登壇。真ん中に位置していた木村だが、上映後の舞台挨拶が終わり降壇するタイミングでは、端の菜々緒が降壇するのを待ち、一番最後までステージに残った。さらにこの日、進行を務めた同局の藤森祥平アナウンサーに「ありがとうございます」とマイクを通さずに声をかけていた。
《モデルプレス》

特集

page top