香里奈、新ドラマの「自虐度」 | NewsCafe

香里奈、新ドラマの「自虐度」

芸能 ニュース

女優でモデル、香里奈(32)が正念場を迎えている。
 「12日スタートする主演ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)が復活のきっかけになれるかどうか、この冬ドラマの注目のひとつといえます」というのはテレビ誌ライター。

 香里奈といえば、写真誌「フライデー」が2014年3月に台湾人恋人と行為の後を思わせる、大また開きで寝ていた彼女の際どい写真をスッパ抜き、それからイメージが大いにダウンした。

 「15年秋放送の香里奈にとって4年ぶりの主演ドラマだった『結婚式の前日に』(TBS系)は視聴率4-5%で大コケ。それ以降、主演のオファーもなく、女優業は開店休業状態でした」

 あの写真で、彼女の清純イメージは完全に消え、それが影響したとか。
 「それなのに、彼女が演じた『結婚式の-』のヒロインは難病に侵された女性が結婚するという清純路線でした。視聴者がソッポを向いたのも当然でした」

 で、今回は?
 「香里奈は警視庁捜査1課のキレ者刑事を演じるのですが、ちょっと変わった内容なんです」
 ん~、タイトルもインパクトはありそうだけど…。
 「実はドラマの原案が、同じタイトルのビジネス書なんです」

 ドラマの原作は小説やこのところはほとんどが漫画。オリジナル脚本はずいぶん少ないけど、ビジネス書がどうして刑事ドラマに?

 「元はオーストリアの心理学者、アルフレッド・アドラー(1870-1937年)の心理学を日本人学者らが解説した本。アドラーはユング、フロイトと並ぶ心理学者なのですが、日本での知名度はその2人に及びませんでした。一言でアドラー心理学を説明するのは難しいのですが、周りを気にせず『自分のために生きる』という姿勢を持つことで世の中の生きづらさから解放されるというもの…」

 う~ん、分かったようなわからないような。
 「原作はそれを解説し、一昨年には国内ビジネス書の売り上げトップとなったほか、生きづらさが日本よりもはなはだしい韓国でも大ヒット。シリーズ本も含めて内外で300万部以上が売れているそうです」

 それをうまくドラマ化したら、ヒット…香里奈の人気回復にもつながる?
 「タイトルに自虐的なものも感じるし、難しい話を視聴者目線で事件や恋愛にも絡めれば成功の可能性もあるでしょう。ただ、このところフジには成功したドラマがないだけに、あまり期待は禁物から(笑)」(先のライター)

 香里奈が過去のイメージを払拭し、嫌われた理由に向き合えばいいが…。
《NewsCafeゲイノウ》
page top