「体がショボい」櫻井翔ドラマに視聴者ガッカリ | NewsCafe

「体がショボい」櫻井翔ドラマに視聴者ガッカリ

芸能 日刊大衆/sup/news3

嵐の櫻井翔(34)が主演を務めた新春ドラマスペシャル『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)が1月3日に放送され、視聴率8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

「このドラマは、ヒロインに長澤まさみ(29)が起用されて、その脇を固めるのは市原隼人(29)や香川照之(51)、安藤政信(41)といった演技力に定評のある実力派俳優ばかりでした。今回ハードな車椅子バスケに俳優陣が挑戦したのですが、出演者の体つきがアスリートっぽくないと感じた視聴者が多かったみたいです。ネットでは“特に櫻井の体が残念”と厳しい感想を上げる人が目立ってましたね」(女性誌ライター)

 櫻井の役どころは元天才サッカー選手で、23歳で日本代表にも選ばれたという人物。しかし、演じた櫻井に対して視聴者は違和感を持ったようで、ネットでの反応は「どう見ても代表に選ばれるサッカー選手の体ではない」「車椅子バスケっていう競技なのに、上半身に筋肉ついてなさすぎ!」「体がショボいぞ」「ていうか櫻井くん、だいぶ太った?」「なんだかおじさんの体つき……」とさんざんな言われよう。バラエティ番組で「なで肩」をいじられることが多い櫻井だが、アスリートをテーマとしたこの作品ではその体つきが悪目立ちしてしまったようだ。
《日刊大衆》

特集

page top