巨人・清武代表がナベツネを痛烈批判 | NewsCafe

巨人・清武代表がナベツネを痛烈批判

スポーツ ニュース

プロ野球読売巨人軍の清武英利球団代表が、11日午後2時から文部科学省記者クラブで会見し、来季のコーチ人事について、渡辺恒雄会長が介入、対立していることを明らかにした。

清武代表によると、11月9日、渡辺恒雄氏は一軍ヘッドコーチは江川卓とし、岡崎郁氏は降格とすると伝えたという。それに対して清武氏、オーナー、監督は「岡崎氏の留任」とすることを決定し、渡辺氏の了承も得たという。にも関わらず渡辺氏は「そんな報告はない」とマスコミに発言。清武代表は「これは全く事実に反しています」と反論した。

その上で「大王製紙やオリンパスのように最高権力者が会社の内部統制を覆すことはあってはならないと思います」として、「プロ野球を私物化するような行為を許すことはできません」と時おり涙をにじませながら訴えた。
《NewsCafe速報》
page top