過去には上映中止も。凶悪事件の映画化にあなたは…? | NewsCafe

過去には上映中止も。凶悪事件の映画化にあなたは…?

社会 ニュース

2008年6月に発生した「秋葉原無差別殺傷事件」。犯人が歩行者天国に小型トラックで突入し、通行人ら12人をナイフで次々と襲ったこの事件は、死者7名、負傷者10名という白昼の大惨事となった。この凶悪事件が来年3月に映画化される予定だ。監督は「余命1ケ月の花嫁」(2009年)などでメガホンを取った廣木隆一。「衝撃的な事件だったのに、時間の経過とともに話す人が少なくなってきた。映画にすることで永遠に残したかった」と企画し脚本も手掛けたとコメントしているが、遺族や被害者感情もあることから、映画化には反対の声もあがっている。
NewsCafeでは10月7日に「秋葉原事件の映画化、どう思う?」というアンケートを実施。結果と共に寄せられた意見をご紹介しよう。
※回答総数…2,949件

秋葉原事件の映画化に賛成(14%)
■若者の就職難や労働条件の悪化が事件を引き起こした訳だから、被害者の心情より事件の背景にスポットを当てた映画なら映像化に賛成[女性/20代/会社員]
■臭いものに蓋をすれば、何度でも繰り返す[女性/30代/主婦]
■事件を風化させたくないと思うから。人生、綺麗事ばかりじゃない[男性/40代/会社員]
■賛成だけど被害者のその後の感情を必ず伝えてくれるならです[女性/30代/専門職]

秋葉原事件の映画化に反対(68%)
■被害者の方や遺族の気持ちを考えたら映画化はやめた方がいいとおもう[女性/30代/会社員]
■映画を見ていないから断定はできませんが、この事件を題材に選んだ理由がただの話題性だけのように思えるし、それなら安易すぎる[女性/40代/会社員]
■遺族に失礼。何の目的で映画化されるかわからん[男性/20代/公務員]
■思い出したくない人もいるのでは?[男性/40代/会社員]

わからない・その他(18%)
■被害者、加害者共にメディアには表現しきれない人間の背景もあるかと思う[女性/20代/会社員]
■残された人の気持ちに重きをおいてるなら架空の事件でいいのでは?[女性/30代/会社員]
■映画化する意味があるのか疑問に思うから分からないにしました。こういう事件などを映画化してお金儲けしたいのかな?と思うと正直悲しい世の中だなと感じます…[女性/40代/主婦]
■世論より加害者家族、被害者家族の意向を調べたらどうなんでしょう?[男性/20代/会社員]

やはり遺族の気持ちを尊重する意見が多く、反対派が約7割を占める結果となった。
過去にも凶悪事件が映画化されたケースはあるが、反対運動により上映中止に追い込まれた作品もあり、今回の映画化も今後議論が白熱しそうだ。
こちらのアンケートは引き続き実施中。アナタのご意見はいかがですか?
《Newscafeアンケート》
page top