TPP参加すべき?「良い製品を提供すれば競争に勝つ」 | NewsCafe

TPP参加すべき?「良い製品を提供すれば競争に勝つ」

政治 ニュース

関税の撤廃・各国の様々なルールや仕組みの統一によって"自由貿易圏"を広げる構想、「環太平洋経済連携協定(TPP)」。11月12日からAPEC首脳会議が始まることもあり、野田首相はTPPの交渉に強い意欲を見せ始めた。
価格が安くなる・輸出企業は海外に進出しやすくなるなどのメリットの裏には、国内農家への圧迫・自給率の低下などのデメリットが潜んでいるのも事実。民主党内でも意見は真っ二つに割れている。
そんななか、NewsCafeでは10月21日に「TPP、日本は参加すべき?」というアンケートを実施した。結果と共に寄せられたユーザー意見をそれぞれご紹介しよう。
※回答総数…2904件

【日本のTPP参加に賛成】(42.11%)
■工業や農業もメリットとデメリットが共に有る。どちらが有利と云う時限じゃない。工業製品も農作物も良い物を作れば世界に通用するし、競争力でも勝てる。このままの関税と云う温室育ちじゃ世界に取り残されるだけ。 [男性/20代/会社員]
■農作物でいうならば日本人が責任をもって自国の物を消費すればいいだけ。また日本の農作物は品質、安全性の面で優位だから、高くても海外で売れる。現に中国の富裕層では。良い製品を提供すれば競争に勝つ。 [男性/30代/会社員]
■日本のGDPの大半を占めている産業を伸ばすのは当然である。それに引き換え規制の中で保護される産業を優遇するのは日本を潰す行為である。 [男性/50歳以上/会社員]
■「農業の保護」と言うけど、日本の良質な農作物を売り込む絶好のチャンスと考えられないかな? [男性/40代/会社員]
■日本は輸出国です。輸入時のデメリットより、輸出時のメリットを重視すべき。また農家はJAに守られているんじゃなくて、牛耳られている事に気づくべきだ。 [男性/40代/会社員]

【日本のTPP参加に反対】(39.12%)
■農業問題、食糧問題は、国を守る根幹。アメリカだけが得するTPPには、参加すべきではない。参加するなら、先に憲法改正してから。 [男性/40代/会社員]
■TPPの危険な所は金融、保険の自由化です。 日本の会社に太刀打ち出来るのか? 政府調達が何故外国に国内企業と同じにしなければならないのか? 日本に不利になる可能性が高い条約には反対だ! [男性/40代/自営業]
■農業だけでは無い。医療・保険・司法・マスコミだって今までの様にあぐらをかいては居られ無くなる!そしてアメリカの様に、訴訟大国になる可能性もあるTPPは、日本を潰す! [女性/20代/会社員]

【わからない・その他】(18.77%)
■現在の国内の農業は異常であり、今のままなら崩壊やむなし。が、TPPの本質的問題点は別に有る。 参加するなら今直ぐ且つ日本主導としてやるべし。 日本はもっと強引にならんとアカン。 [男性/40代/会社員]
■TVでいろんな情報が飛び交っていますが、最終的にプラスになるのかマイナスなるのか判断しづらい。今は雇用の空洞化で農業に携わる人が増えつつあるようですが、政府としての見解があやふやなのが納得出来ない。 [男性/40代/専門職]

アジア太平洋地域の貿易量は世界全体の50%を占める。各国ともこの域内での貿易を増やし、自国の経済成長につなげたい考えだ。しかし農業だけでなく医療や地域経済などにも大きな影響を与えることが明らかになってきたため、政府の意向とは逆に反対意見の声が徐々に大きくなっている。野田首相の今後の動向に注目だ。
《Newscafeアンケート》
page top