東京ディズニーランドがキャラクターだらけに?ディズニーハロウィン「全身仮装」がスゴい | NewsCafe

東京ディズニーランドがキャラクターだらけに?ディズニーハロウィン「全身仮装」がスゴい

ビックリ ニュース

来る10月31日は「ハロウィン」。10月に入り、店先にはさまざまなハロウィングッズが並び、各所でハロウィンイベントが開催されたりと、すっかり日本でも年に一度の行事として定着したようだ。
そんな中、東京ディズニーランドでは、9月からイベントが開催されており、園内は既にハロウィンムード一色。期間限定のスペシャルパレード「ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル」も行われ、連日賑わいをみせている。
そんな華々しいハロウィンイベントの中でも特に盛り上がりを見せる期間があるのをご存じだろうか。それが「全身ディズニーのキャラクターになりきって仮装ができる」という、特別な数日間だ。通常、ディズニーランドでは子供以外の仮装やコスプレは禁止されているが、この期間だけは「大人の全身仮装」が許可されるのだ。
ひとえに「全身仮装」といっても、許可されるのはミッキーやミニー、白雪姫などディズニーのキャラクターに限定されており、その他、露出が多い仮装や長い棒や長い杖の持ちこみ、顔全体を覆うものは禁止。安全性や園内の雰囲気を損なわないための細かなルールは設定されている。詳しくは、公式ホームページの"仮装の心得"を参照してもらいたい。

9月某日、この「全身仮装」を取材にディズニーランドへ向かった。
入園すると早速、キャラクターの姿が目に飛び込んできた。しかし、よく見てみると、そのキャラクター達は他のディズニーのキャラクター達と写真を撮ったり、飲食店の列に並んだりしている。一見本物と見まごうばかりのキャラクター達は、なんとゲスト(一般のお客さん)なのであった。
園内を歩くと、ミッキーやミニー、シンデレラやアリスなどの有名どころから、マイナーなディズニー映画のキャラクターなどなど、本当にたくさんのキャラクターに目を奪われる。

ここで「ふしぎの国のアリス」のキャラクターに扮した4人組に話を聞いてみた。
■衣装はどうしているんですか?
「ジャケットや靴など既製品を買うこともありますが、ドレスやエプロンなどは基本的に手作りです。1カ月前くらいから、みんなで布を買いに行くなどして準備を始めています」
■仮装していて楽しいことはなんですか?
「大好きなキャラクターの服を着れるだけで十分楽しいですが、親子連れにお写真を頼まれたり、お子さんが手を振ってくれたりすると嬉しいですね(笑)」
■逆に大変だったことはありますか?
「仮装できる期間が決まっているので、天気に左右されるのが大変なところですかね。昨年は、台風のため断念したりもしました」
■仮装するうえで気をつけていることはありますか?
「仮装しているとそれだけでも目立つし、仮装しているキャラクターのイメージを損なってはいけないと思うので、普段以上にマナーには気をつけるようにしています」
■最後に一言どうぞ。
「毎年たくさんの素敵なキャラクターの仮装さんを見て楽しんでいます。10月の仮装日も楽しみにしています。ハッピーハロウィン!」

とても楽しそうに語ってくれたアリス一行は、10月もまた違う仮装で来園予定だという。
今年後半の全身仮装日は10月25日~10月31日の7日間。ディズニー好きなら全身仮装をしなくても、見ているだけでも楽しめるはずなのでぜひ足を運んでもらいたい。
《NewsCafe》
page top