韓国No1大ヒット青春ドラマの主演スジ、インタビューで語る | NewsCafe

韓国No1大ヒット青春ドラマの主演スジ、インタビューで語る

芸能 ニュース

俳優ペ・ヨンジュンが特別出演ながら3年振りのドラマ復帰を果たし、"Rain"、"2PM"を生んだ音楽プロデューサー、J.Y.Park[ジェイ・ワイ・パク]と共にドラマ初プロデュースも手掛けた韓国No.1大ヒットドラマ「ドリームハイ」。主演のスジ(Miss A)が、インタビューで役作りの苦労や作品への想いを語った。

●初の演技挑戦でいきなりの主役ということでプレッシャーがものすごかったようですが、落ち込んだ時に自分をどう奮起させましたか?

スジ「もっとうまくできたのに、って後悔する点は多かったのですが、「次はもっと頑張ろう」という前向きな気持ちを持って取り組むようにしていました。周囲の人が「どんどん良くなってるよ。うまくなったよ」と励ましの言葉をたくさんかけてくださったことも力になりました」

●ヘミとベクヒのように誤解から親友とケンカしてしまった経験は? ケンカしたら自分から誤るほうですか? 意地をはってしまうほう?

スジ「親友とケンカした経験はありませんね。もしだれかと気まずくなったときは、以前は子供だったからつい意地を張ってしまって謝れなかったのですが、今では少し大人になって自分から歩みよれるようになったと思います」

●キリン芸能高校みたいな学校が本当にあったら入学したかったですか?

スジ「学校でまで競争するのは嫌ですね。学校では友達と過ごしたり楽しく勉強したいじゃないですか。他の芸能高校はそんなことはないと思いますが、キリン芸能高校は競争が激しいので入りたくありません(笑)」

●スヒョンさんとテギョンさんの2人に思いを寄せられる役柄で、ラブシーンもありましたがどんな気分でしたか?

スジ「2人の男性から一度に想われるなんて経験は、実際でもドラマでも、なかなかできないじゃないですか。戸惑いはしましたけど、気分はとても良かったです(笑)テギョン兄さんは同じ事務所の先輩ですが、以前は親しい間柄ではなく、挨拶をする程度でしたし、スヒョンさんとはお会いしたことがなかったので、最初はぎこちなかったです。でもそのときのほうがむしろやりやすくて、親しくなってからラブシーンを演じるのは照れ臭かったです」

●日本盤OSTで主題歌「ドリームハイ」を日本語で歌っていますが、感想を教えてください。

スジ「たくさん練習をしたのですが、実際に歌ってみると少しずれがあって難しかったです。でも日本語の響きがとても良くて、歌うのが楽しかったです」

●音楽番組の司会などもしていますが、楽しい点と難しい点を教えてください。

スジ「生放送なので緊張感があるなかで、4人で呼吸を合わせて曲紹介をできた時はとても快感です。難しい点はいくら練習をしても、生放送だからミスをすることもあって、後悔することも多いです」

●miss Aとしてはデビュー1周年を迎えましたが、女優業との両立も含めて今後の展望は?

スジ「miss Aとしては、もっと実力をつけて多くの人に知ってもらい、より大きなステージに立つことが目標です。女優業は、今後も機会があったらぜひ挑戦したいです」


■「ドリームハイ DVD BOX I&II」絶賛発売中!
Licensed by KBS Media Ltd.(C)2011 KBS. All rights reserved.
《NewsCafe》
page top