嵐・櫻井が「毒舌」で事件を解決? | NewsCafe

嵐・櫻井が「毒舌」で事件を解決?

芸能 ニュース

2011年本屋大賞を受賞し、約140万部のセールスを記録している小説「謎解きはディナーのあとで」が、10月よりフジテレビ火曜21時枠でのドラマ化が決定した。主人公、毒舌執事の影山役には、ジャニーズアイドルグループ・嵐の櫻井翔。また、影山が仕える令嬢刑事、麗子役を女優・北川景子が演じる。

フジテレビ連ドラ初主演となる櫻井は『偶然にも、お話を頂く前に友人に薦められて、この作品には出会っていました。その話の痛快さから、次々とページをめくり、もの凄い勢いで読み進めていました。ドラマ版では、より一層ユーモア溢れる作品になりそうな気がしています』とコメント。北川も『原作のライブ感のあるストーリー展開や、影山と麗子のコミカルな掛け合いをうまくドラマの方でも表現していければ、と思います』と、ベストセラー小説ドラマ化への意気込みを語っている。

今までの事件ものではなかったシチュエーションでの謎解きスタイルはミステリードラマの世界に「シャーロック・ホームズ」や「古畑任三郎」に匹敵する新たなヒーローの誕生を感じさせるストーリーだ。

ドラマの詳細は「謎解きはディナーのあとで」オフィシャルサイト(※PCサイト http://www.fujitv.co.jp/nazotoki/)まで。
《NewsCafe》
page top