無実の罪で刑務所に…市原隼人、KAT-TUN上田が熱演 | NewsCafe

無実の罪で刑務所に…市原隼人、KAT-TUN上田が熱演

芸能 ニュース

秋の新ドラマ情報が続々と発表されるなか、TBS・木曜21時ドラマ枠では、10月より『ランナウェイ~愛する君のために』がスタートする。無実の罪で刑務所に収監されていた4人の若者たちが、それぞれの目的を果たすために脱獄を計画するストーリーで、アメリカの人気ドラマシリーズ「プリズン・ブレイク」を彷彿させる内容だ。

脱獄する4人の若者たちを演じるのは、約2年振りのドラマ主演を務める市原隼人、個性的な演技に定評のある塚本高史、アイドルグループKAT-TUNの上田竜也、『仮面ライダーW』に出演した菅田将暉ら若手注目俳優たち。市原は「作品に向け気持ちが高ぶりアドレナリンが溢れ出ているのを自分で感じます。茶の間のお客様に楽しんで頂ける様、現場で今の自分を精一杯絞り出そうと思います」と今作への熱い思いをコメント。また、役作りのため、4人が髪の毛をバッサリと坊主頭にしたことも話題に。中学校以来の坊主頭になったアイドルグループKAT-TUNの上田は、「"坊主がブーム"になればいい」と新境地を語った。

若者たちの度重なる試練を乗り越えていく姿を描いた『ランナウェイ~愛する君のために』には、「勇気と希望」「支え合う大切さ」「未来を切り拓く力強さ」など今の日本に強く訴えるメッセージが込められているようだ。

ドラマの詳細は「ランナウェイ~愛する君のために」オフィシャルサイト(※PCサイト http://www.tbs.co.jp/runaway2011/)まで。
《NewsCafe》
page top