「改革派官僚」古賀氏、辞任を撤回へ | NewsCafe

「改革派官僚」古賀氏、辞任を撤回へ

政治 ニュース

現役の経済産業省官僚でありながら「改革派官僚」として現在のエネルギー政策などを批判していた古賀茂明氏(56)が16日夜、表明していた辞任の意向を撤回した。古賀氏は自身のツイッターで「枝野さんは私の人事については自分の仕事でないと言ったそうです。辞表を撤回して再度大臣としての判断を求めることにしました。」とつぶやいている。

古賀氏は2008年から国家公務員制度改革推進本部事務局の審議官に就任し急進的な公務員制度改革に取り組んでいた。民主党に政権が移った後には2009年12月に官房付となり事実上「仕事のない状態」が続き、7月には経産省の松永和夫前事務次官から勧奨退職に応じるよう打診を受けていたが拒否。
枝野幸男経産相の就任後に改めて経産省幹部から「大臣は辞める手続きを進めてくれと言っている」と連絡があったため、26日付で辞任することを明らかにしていた。
《NewsCafe速報》
page top