これってアリ?ナシ?今回のテーマは「自宅のトイレに鍵かけない」 | NewsCafe

これってアリ?ナシ?今回のテーマは「自宅のトイレに鍵かけない」

社会 ニュース

自宅のトイレ=落ち着く空間──?
公共トイレと異なり、誰にも邪魔されないあの心地よさ。ついつい鍵をかけずに用を足してしまう、なんてことはないだろうか。
NewsCafeユーザー参加型「アリorナシ」コーナーでは8月22日に「自宅のトイレに鍵かけない。これってアリorナシ?」という調査を実施した。結果は【アリ…79%】【ナシ…21%】。ユーザーから寄せられたコメントをそれぞれご紹介しよう。

【アリ…79%】
■「人が来たら閉めるけど、後は開けっぱ」
■「別にわざわざかけません!」
■「自宅だろ。なんで鍵かけんの?」
■「子供が小さいから何かの為開けっ放し」
■「もう入ってきたらいいじゃん、的な勢い」
■「ドアの前にスリッパがあれば入ってるかわかるし」
■「だって自宅でしょ」
■「私の家には鍵ありません。声かけあいです」
■「トイレに入ると猫がついてくるので…」
■「1人暮らしだから玄関以外はあけ放題」
■「鍵どころかあけっぱですが(笑)犬も一緒です」
■「かけた事無いです」

【ナシ…21%】
■「かけるのがエチケットでしょう」
■「鍵かけず義父に開けられた事が何度もある」
■「いくら家族しか使わないといってもね…」
■「大の時だけ鍵をする」
■「家族間とはいえプライバシーは大事だよ」

ここでちょっとトイレにまつわる雑学を。
以前、「トイレの神様」という楽曲がヒットしたがこの「トイレの神様」とは東伏見稲荷神社の埴安姫神(はにやすひこのかみ)という説がある。埴安姫神は女性のみならず男性の下半身も病気から守り、将来、下(しも)の世話を受けなくてすむように守ってくれるという。"きれいに磨いたら将来べっぴんさんになれる"というより、 はるかに奥深い話だと感じるのは筆者だけであろうか…。
《NewsCafeアリナシ》
page top