これってアリ?ナシ?今回のテーマは「男性の助産師」 | NewsCafe

これってアリ?ナシ?今回のテーマは「男性の助産師」

社会 ニュース

医師や看護師とは異なり、妊娠や出産のみ関わって助産行為を行う"助産師"。
アメリカ、イギリス、オーストラリアなどでは男性の助産師は存在しますが、日本での助産師国家試験の受験資格は女性のみに与えられています。2002年より看護師、保健師と同様、性別による名称の違いを伴わない助産師へと助産婦から名称が変更されましたが、男性が関わることへの生理的な嫌悪感や妊産婦が助産師の性別を選択できる権利が保証されていない、などの多くの意見が。名称は変更されたものの男性助産師を認めることについては時期尚早として見送られたままです。
NewsCafeユーザー参加型「アリorナシ」コーナーで「男性の助産師。これってアリorナシ?」という調査を8月12日に実施しました。結果は【アリ…34%】【ナシ…66%】。寄せられた声をそれぞれご紹介しましょう。

【アリ…34%】
■「命の現場で恥ずかしいも何も無い」
■「産婦人科医も男多いし、別に…」
■「医者だって男だし、腕が良ければ良いんじゃ」
■「今の時代、仕事内容に男女は関係ない」
■「出産未験の女性助産師もいる。上手ならOK」
■「いざとなれば必死で羞恥心がなくなる」
■「要は技術です。性別は関係なし!!」

【ナシ…66%】
■「医師でもいやだったよ!」
■「勘弁してください」
■「男には分からない心理面が沢山あるし…」
■「男になんかに絶対に見られたくないわっ!!」
■「そのうち絶対に問題でると思う」
■「母乳マッサージを男性からなんてありえない」
■「男性が助産師をする理由は何?絶対お断り」
■「大事な時だから、精神的にも安心が重要」
■「これだけは申し訳ないけど女性で」
■「ぜっっったい嫌だ!!」

現在もこちらの議論は継続されており、日本助産婦協会は、再び"時代の流れ"と"男女平等"を掲げて導入を進めているようです。

アリナシコーナーではこちらの他にも様々な身近な疑問を調査中です。ぜひご参加下さい。
《NewsCafeアリナシ》
page top