婚活に向けて「1分1秒」無駄にしたくない… | NewsCafe

婚活に向けて「1分1秒」無駄にしたくない…

恋愛 ニュース

3月11日の東日本大震災後に、結婚への考え方が変化している人が増えている。今回、その中でも極端に変化した人の例をご紹介しよう。

A子さんとB子さんは、アラフォー世代。A子さんは独身、B子さんは結婚3年目で子どもはいない。ふたりは10年来の友人で、食事や映画に行ったり、料理教室など習い事に通ったり、お互いの悩みを聞いたり、ごく普通の友人関係だった。
ところが、3月11日の東日本大震災後、この関係に変化が起こる。B子さんからの誘いをA子さんが断るようになったのだ。あまりにも続くので理由を問いただすと、B子さんからメールで次のような返答があった。
3月11日の震災の日、ひとり暮らしのA子さんはとても不安で寂しい思いを経験した。その後、結婚願望が生まれ、婚活に向けて「1分1秒」無駄にしたくないそうなのだ。結婚をするためには、結婚しているB子さんと一緒にいるより、震災後に共通の思い(=結婚願望)を持った"独身の友人"と結束し、男性との合コンやデートに費やす方が大事。天災はいつ起こるか予測できないので、結婚に向けて効率よく時間を使っていきたいとのこと。
B子さんは呆れてしまい、A子さんとの友人関係を終わらせたそうだ。

このA子さんの話を聞いて、「自己中心的な考え方だ」と思う反面、「潔い生き方だ」と関心してしまった私……。彼女の生き方を、皆さんはどう感じますか?
《NewsCafe》
page top