松田選手の告別式でトルシエ「息子のような存在だった」 | NewsCafe

松田選手の告別式でトルシエ「息子のような存在だった」

スポーツ ニュース

急性心筋梗塞のため、34歳の若さで4日に死去した松本山雅の元日本代表DF松田直樹選手の告別式が9日、出身地である群馬県桐生市の桐生市斎場で行われた。喪主は母正恵(まさえ)さん。
斎場には中田英寿やトルシエ元日本代表監督の姿もあり、トルシエ元監督は「息子のような存在だった。天国から見守ってください」と語った。
他にも松田選手にゆかりのある人々やファンが続々と訪れ、松田選手との別れを惜しんだ。
《NewsCafe》
page top