これってアリ?ナシ?今回のテーマは「痴漢を見たら捕まえる」 | NewsCafe

これってアリ?ナシ?今回のテーマは「痴漢を見たら捕まえる」

社会 ニュース

「あれ?あの人って…」
電車で不審な動きをしている人を発見。よく見ると痴漢で被害者は声も上げず、じっと耐えている様子です。
さてこんなとき、アナタならどうするでしょう。
NewsCafeユーザー参加型「アリorナシ」コーナーで「痴漢を見たら捕まえる。これってアリorナシ?」という調査を7月27日に実施しました。結果は【アリ…54%】【ナシ…47%】。それぞれの意見をご紹介しましょう。

【アリ…54%】
■「女の敵です!!絶対捕まえる(怒)」
■「確実だったらね。痴漢は許さないから」
■「若い頃言えなかった恨みをいまこそ晴らす」
■「卑劣な奴は、許さない」
■「♀を守る♂の義務として…」
■「絶対に逃げ得をさせてはいけません!!」
■「普通捕まえるでしょ!」
■「時と場合による。離れてたら、何か言う」
■「現場を見ている以上、見過ごせない」
■「冤罪に気をつけて…捕まえる!」

【ナシ…47%】
■「通報はする。捕獲はムリ」
■「後で仕返しされたら怖いから捕まえるはムリ」
■「怖いから無理(泣)」
■「冤罪が恐い。間違ったら恨まれそう」
■「捕まえたいけど怖い。近くの男性に相談?」
■「それこそ逆恨みされるから駅員に委す」

捕まえる、といった意見の方が若干多かった今回の調査。
もし「やっていない」「証拠が無いじゃないか」などと痴漢に言われても、実際に見た事実を駅員や警察に要請に応じて伝えることが大事です。本当にやったか否かは警察や裁判官が決めることであり、仮に無実になってもよほど意図的に陥れたとかでなければ罰せられることはないそうです。

アリナシコーナーではこちらの他にも様々な身近な疑問を調査中です。ぜひご参加下さい。
《NewsCafeアリナシ》
page top