胸がジーンと…サラリーマンが体験したちょっと良い話 | NewsCafe

胸がジーンと…サラリーマンが体験したちょっと良い話

社会 ニュース

毎日の仕事で疲れている時、ふとした時に人の優しさに触れると涙が出そうになりませんか?例えば、行き着けの定食屋のオバチャンとの会話や、出勤前の奥さんとの会話。部署のメンバーからサプライズで誕生日を祝われたり、退職時に先輩や上司から貰った暖かい言葉など。そこで今回は、「サラリーマンが体験したちょっと良い話」をご紹介します。

■よく昼飯にいく料理屋にいって、さりげなくサービスしてくれたりするおばさんの心遣いは嬉しい。午後からまた仕事を頑張ろうと思えます。

■自分の知らない所で別部署の同僚が、「あいつのアドバイス的確で仕事が早くなる」と褒めてくれていました。直接評価されたことあんまなかったので嬉しかっです。

■リストラ宣告を受けた先輩社員。その話しを聞いたそのまた先輩社員が、「俺が辞めるからお前は残れ!俺ならなんとかなるから」とカッコイイ台詞を言った時。

■前の上司に退職に追い込まれそうになった時、情けなくて親にも相談出来ませんでした。代わりに相談を受け、アドバイスをくれた先輩。他にもその先輩には食事や遊びに連れて行ってもらい、常識などいろいろ教えてくれて本当に尊敬出来るいい人でした。おかげ様で少し快適な会社人生が過ごせました。

■新卒入社の自分。直属の上司がかなり仕事出来る上に性格がキツイ。自分は焦ると吃って挙動不審になることに加え、要領が悪いから、毎日緊張と不安と自己嫌悪に陥っていました。「頑張ってるけど大丈夫?あんまりきついときはきついって言いなさいよ。
ほかの人たちも、今度の新人さんは頑張ってて偉いねって言ってるんだよ」と、唐突に言われた。その時は何言ってるんですかーと笑ったけど…やっぱり泣いてしまいました。

■課員全員を集めての自己紹介で、「私の仕事はみんなが楽しく働ける環境を作る亊です」と言った課長。仕事超できる人だけに尚更かっこよすぎました。将来自分が課長になったらその言葉使わせてもらいます。

■上司が突然厳しくなって、ネチネチ嫌味っぽく注意したり怒鳴るようになった。悔しくて涙も出なかったけど、凄い落ち込んでたら先輩に、「○○さんが頑張っとるのは皆知ってるから。皆ちゃんと見てるから」と言われて泣きそうになった。

普段厳しい人からもらう暖かい言葉に、ジーンと来る人が多くなっています。上記でご紹介したエピソードの他にも、アナタが働いている時に体験した、ちょっと良い話や感動した話がありましたら、是非、ご投稿下さい。
《NewsCafe》
page top