原発国有化「予断持たず検討すべき」との認識示す | NewsCafe

原発国有化「予断持たず検討すべき」との認識示す

政治 ニュース

枝野幸男官房長官は13日午前の記者会見で、菅直人首相が12日に「原発の国有化も将来の選択肢」との見解を示したことについて、「政府としては、事故の検証委員会に事故発生前のシステムを含めて検証してもらっており、今後の原子力の在り方は、その検証を踏まえ、予断を持たずに抜本的な見直しを行っていく。検証委員会などの既存のシステムに対する検証を見たうえで判断すべきだ」と述べた。
《NewsCafe》
page top