一人になる時間がないとストレスになる危険が… | NewsCafe

一人になる時間がないとストレスになる危険が…

社会 ニュース

仕事でお忙しい方も、家事や育児に追われる毎日を送る方も、「あ~、たまには一人になりたい」と感じる日があるのではないでしょうか。私自身もそうです。一人になる時間がないとストレスになります。仕事や家族との時間がどれだけ楽しくて充実していても、たまには一人になりたいと思います。特に夏休みは、子どもも学校がお休みになるので、より感じる方も多いかも知れません。

一人の時間を過ごすメリットは、対話する相手が自分自身になるので、じっくり自分と向かい合うことで、さまざまなことに気づきやすくなります。今の課題や未来の展望、ありふれた日常のありがたみや、心からやってみたいことなど、いろいろな思いが自分自身にあることに気づきます。普段の忙しい日常では、どうしても誰かとの関係やその間で起こる出来事に振り回されがちで、自分が何を感じているかをじっくり味わうことよりも、怒りや感情を表に出すことで発散しがちです。

一人の時間がふと持てたら、貴重だと感じ、どこかに行って遊びたくなったり、なかなか会えない誰かに会いたくなったりするかも知れません。もちろん、そういう時間に使うこともよいと思いますが、たまに、本当に一人になる時間を味わってほしいと感じています。お気に入りの場所やリラックスできる場所に、紙とペンだけ持っていき、自分が今何を感じているのか、これからどんなことをしてみたいのか、夢を描いてみてもいいし、既に今、ここにある幸せを書きだしてみてもいいと思います。

家族や会社と共に生きる人生も大事だけれども、自分自身の人生はもっと大切です。たまに、自分の人生に触れる時間、振り返る時間をぜひ持ってほしいと感じています。
そのことで、また家族やまわりの人たちに優しい気持ちで接せられたり、共に歩むことの幸せを感じたりできると思います。

[ライター 齋藤めぐみ/コンサルタント・キャリアカウンセラーとして企業、個人のクライアントへのコンサルティングを行う。ccE,Inc 認定 GCDF キャリアカウンセラー。詳細はオフィシャルサイトまで(http://www.megumi-saitou.jp/ )(PC専用)]
《NewsCafe》
page top