聞いて驚き、会社のユニークな補助制度や規則 | NewsCafe

聞いて驚き、会社のユニークな補助制度や規則

経済 ニュース

企業の採用情報などを眺めていると、どうしても気になるのはお給料や休日、会社の規則などではないでしょうか。良く見受けられる一例としては、交通費補助や家賃補助、スキルアップ補助などがある場合が多いかと思います。社員として、モチベージョンに関わる部分でもあるため、多くの人が気になっている部分ではないでしょうか。しかし、「え?なんだそれ?」と思ってしまうような補助制度や規則がある会社が存在しています。そこで今回は「会社のユニークな補助制度や規則」を紹介します。

【提案奨励制度】
提案を奨励することで、社内の活性化と変化をうながすことが目的の制度。提案した結果ではなく、提案という行為に対して報奨金が支払われる。

【がんばるタイム】
12時半から2時間、社員は自分の仕事に集中しなければならないというルール。この時間は私語はもちろん、上司が部下に仕事の指示をしたり、電話やコピー、歩行などが一切禁止。もちろん得意先からの電話にも出ない。

【パジャマデー】
月に1回、指定の日に従業員すべてがパジャマで仕事を行う。パジャマで1日を過ごした意見や感想をフィードバックし、商品開発などに生かすことが狙いとのこと。

【社内恋愛推薦体制】
社内に「社内恋愛目安箱」を設置。女性従業員が、好きな男性がいる場合、その人の名前と自分の名前を書いて投函する。後日、男性社員に電話をして意向を確認するというもの。

【全員ビジネスネーム】
社員全員がビジネスネームを使用し、本名は使用しない。もちろん名刺もビジネスネーム。

【コトバの領収書】
営業先で出会った人の印象に残るため、その場でその人の言葉の中でためになったことを、領収書に書いて相手に手渡す。

【ワークスタイル2.0】
出社時間、退社時間、時間も決めないワークスタイル。10時から電話を受け付けるというゆるやかなルールのみとなっていて、誰が何時に出社しても良いし、何時に帰っても良い。また、いつ休んでも良いというもの。

【デート支援金制度】
休日にデートに出かけた距離に応じて支援金を渡す。東京から1キロ離れるごとに100円を支給する。

【遅刻の罰則・全身タイツ】
遅刻累積回数がひと月に5回を数えた時点で、全身タイツ着用が決定。

真面目なモノから良くわからないモノまで、多くの補助制度や規則が見受けられます。アナタが今まで体験した面白い規則や制度、また、聞いたことのある不思議な制度などありましたら、是非、ご投稿下さい。
《NewsCafe》
page top