体はカニ、耳はホタテ、髪はアイリスの花が合体して生まれた「まんべくん」 | NewsCafe

体はカニ、耳はホタテ、髪はアイリスの花が合体して生まれた「まんべくん」

ビックリ ニュース

各地方に色々な「ご当地ゆるキャラ」と呼ばれるものがある場合があります。例えば、滋賀県彦根市の「ひこにゃん」、奈良県は平城遷都1300年記念事業マスコットの「せんとくん」が有名なゆるキャラかと思います。
もちろん、これだけではなく数え切れないほどのご当地キャラクターが存在していますが、今回ご紹介したいのは、北海道山越郡長万部町のゆるキャラである「まんべくん」。平成15年に「長万部町開礎130年町制施行60年」の記念事業として誕生したまんべくんは、体はカニ、耳はホタテ、髪はアイリスの花が合体して生まれた三位一体のキャラクター。生まれた当時は町内で行われる行事(運動会や学校祭)や毛ガニまつりなどの参加となっていたいが、2010年より、キャラクターとしてホームページや、twitter、mixiを開始、町外での活動も始めています。
そんなまんべくんの特徴は次の通り。

愛称:まんべくん
姓名:おしゃ まんべ
生年月日:2003年(平成15年)7月31日 午後3時
住所:北海道山越郡長万部町字長万部
身長:1m50cm~1m90cm(その時によって、背が伸び縮みする)

・まんべくんの性格
目立ちたがり屋、ドジでおっちょこちょい

・まんべくんの秘密
髪:あやめ=アイリスの髪は元気のバロメーター。疲れるとしおれてしまう
耳(ホタテ):都合の良いことしか聞こえない耳
ハサミ:不器用な手だが、邪気を切ると言われている
センサー:水・海の汚れに敏感な「汚染センサー」
お腹:毎日腹筋しているのでお腹が割れている

・言葉の特徴
末尾に「まんべーッ!」をつける
例:おはまんべーッ!、おやまんべーッ!、ありまんべーッ!

上記以外にも多くのおもしろい特徴や行動があるとのこと。そんな「ご当地ゆるキャラ」、アナタの町にはどんなゆるキャラがいますか?また、「コイツは面白い!」と思ったゆるキャラはいますか?
《NewsCafe》
page top