キム・カーダシアンの婚約指輪がデカ過ぎる。200万ドル、20.5カラットってこんな感じ。 | NewsCafe

キム・カーダシアンの婚約指輪がデカ過ぎる。200万ドル、20.5カラットってこんな感じ。

芸能 ニュース

ご令嬢セレブタレントで実業家のキム・カーダシアン(30)は、交際たった6か月にして、このほどNBAニュージャージー・ネッツのクリス・ハンフリーズ選手(26)と婚約した。彼女の左手薬指に光るダイヤの指輪が、あまりにも大きいと話題になっている。先にお伝えしていた、米芸能誌『OK!』が実は彼女はすでに妊娠していると報じた件に関しては、慌てて "妊娠なんてウソよ" とキム本人が否定したが、周囲からは「スピード婚約にスピード挙式(2か月以内と宣言)、なぜそんなに焦っているの?」という疑惑の声も。そんなキムが2日、LAの高級チャイニーズ・レストラン「Mr. Chow」に現れた。ファンのサインの求めにも気軽に応じるキム。この誇らしげな微笑を支えているのは、持ち前の巨乳、美尻、そして超リッチ・アスリートから貰ったデカ過ぎる婚約指輪であろう。この200万ドル(約1億6000万円)もしたダイヤモンドリング、なんと20.5カラットである。ダイヤは普通、石(イシ)と呼ばれる。だがキムのそれはもはや岩(イワ)である。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
《NewsCafeエンタメ》
page top